ゲーミングチェアおすすめ20選と5つの選び方

【3年利用レビュー】DXRacerのフォーミュラは快適だけど掃除が面倒|DXR・DXZ・DX11の比較も

dxracer-formula

DXRacerのフォーミュラが気になるけど、実際どうなんだろう?

DXRacerを3年間愛用

すっごい快適だけど、注意点もあるよ!
3年使って分かった良い点・悪い点を紹介するね!

DXRacerはAKRacingと並ぶ2大ゲーミングチェア大手メーカーです。

中でもフォーミュラシリーズ1番スタンダードなモデルとして、プロゲーマーも愛用するほどの人気。

でも正直AKRacingとの違いやメリットが分からない・・・という人も多いはず。

そこで今回は、実際に私が3年間使って分かった良い点・悪い点や、AKRacingとの違いを徹底レビューします!

フォーミュラシリーズは全部で3種類あるので、その違いや選び方も解説しますね!

記事の作成者
  • DXRacerフォーミュラを3年間利用
  • AKRacingも試した結果、DXRacerを購入
  • ゲーム世界大会2位の夫が監修
テレワークやゲームに利用中!
タップできる目次

DXRacerフォーミュラを3年間使ったレビュー

dxracer

さっそくですがズバリ、3年間使った感想はこちら!

良い点
悪い点
  • 明らかに疲れにくくなった
  • 3年間使っても劣化がない!
  • 低身長から使える
  • 座面の掃除がちょっと面倒
  • やっぱりお高い
  • レザー性は蒸れる
    (DXRならOK)

1つずつ解説していきます!

\人気No.1の定番/

¥39,800 (2021/12/15 15:11時点 | Amazon調べ)

良かった点

正直、「DXRacerを選んで本当によかった!」と思っています。

その理由はこちら!

1.明らかに疲れにくくなった

dxracerフォーミュラ

私はテレワークで1日8時間ほど、夫はゲームで長い時は10時間ほど使っていますが、お互い明らかに疲れにくくなりました

(夫いたってはなんと痔が治りました!w

ヘッドレストとランバーサポートで身体を支えて、体圧をきちんと分散できてるのが大きい気がします。

ちなみにもともとは5,000円ほどの普通のチェアを使っていました。

そこまで悪いものではなかったので、ここまで差がでるとはびっくりです。

dxracerフォーミュラ

座面の座り心地は柔らかすぎず、硬すぎずな感じです。

ソファのように「ふかふかで気持ちいい~」という感じはありませんが、柔らかすぎると逆に疲れてしまうので、この硬さがちょうどいいのかもしれません。

正直これが1番のメリット!
私は身体が楽になり、マッサージに行く回数が減りました!

2.3年使っても劣化がない

なんと、3年間ほぼ毎日使っても全く劣化がありません

特に私が買った「DXZ」はレザー生地なのでひび割れなどが心配でしたが、その傾向すら見られません。

dxracerフォーミュラ_ヘッドレスト
毎日寄りかかるヘッドレスト
ロゴが多少ほつれている程度
dxracerフォーミュラ
一番負荷がかかる座面もきれい

さすが世界中のeスポーツの公式大会でも使われるモデルだなと思います。

正直どのゲーミングチェアも「耐久性」を推していて少し疑ってしまいますが、少なくてもDXRacerのフォーミュラについてはその耐久性は嘘じゃないと感じました。

もちろん生地だけではなくキャスターやアームも全く問題ありません。

dxracerフォーミュラ_キャスター
キャスターの動きもスムーズ
IMG_0448
アーム横のでっぱりで上下調節します

値段はちょっとお高めですが、長期間使えるので全然元が取れます!

3.低身長から使える

ゲーミングチェアは外国人に合わせた大きめサイズ感が多いですが、DXRacerフォーミュラは日本人向けのモデルです。

メーカーの推奨身長は155cm~175cmなので、小柄な女性でも使えます。

身長の違う家族で共有しても全く問題ありません。

158cm

AKRacingは低身長の私には合わなかったので、DXRacerを選びました!

逆に175cm以上の人は注意です!

ちょっと微妙な点

おおむね満足しているのですが、あえて微妙な点をあげるとするとこの3つ!

1.座面の掃除がちょっと面倒

3年目にして気づいたのですが、座面と側面の間に微妙に隙間があって、そこにゴミが溜まりやすいです。

ふと手を入れてみたら、たくさんホコリがでてきてしまいました・・・。

dxracer_座面の隙間

これはDXRacerに限らず他のゲーミングチェアでも同じですが、普通の椅子はもっとシンプルな作りでこんな隙間は無いので、ちょっと盲点でした。

3年利用してもすぐ取りきれるほどのホコリでしたが、隙間が少ししか無いので手を突っ込んで取るのが少し面倒はあります。

見えないところなので気にしなければ大丈夫ですが、気づいた時はびっくりしました・・・笑

1年に1回は軽く掃除をするのをオススメします

2.やっぱりお高い

今は格安メーカーが増えていて、安いと2万円前後でゲーミングチェアが購入できます。

それと比べると3万円前後するDXRacerフォーミュラはやっぱり高めです。

ただそれだけ高品質なのと、同じ2大メーカーのAKRacingと比べるとDXRacerは少しだけ手の届きやすい価格帯になっています。

2大メーカーAKRacingとの比較

メーカーdxracer
DXRacer
AKRacing Nitro V2
AKRacing
定番
モデル
フォーミュラWolf (ファブリック)
Nitro V2
(レザー)
価格帯29,800~39,800円40,000~44,000円

また、私が使った感じは少なくても6年間はもちそうでした。(3年間使っても全く劣化がないので、その倍)

毎日6年間使ったとすると、高めのフォーミュラDXZでもなんと1日あたり18円なので、品質を考えるとそこまで高くはないと感じました。

まずはゲーミングチェアを試してみたい!」という人は格安メーカーもあり。

でも「本気で疲れやすさを改善したい人」には、DXRacerも決して高くない買い物だと思います!

3.レザー製は蒸れる

これもDXRacerに限ったことではないですが・・・レザー製は蒸れます

仕事くらいなら問題ないですが、激しいゲームなどは気がつくとお尻に汗をかいて座面が濡れています。

染みたりはせず拭けば元通りですが、汗をかきやすい人は通気性の良いファブリックタイプ(フォーミュラのDXR)をオススメします!

レザーは高級感がある反面、通気性が悪いというデメリットがあります。
タイプごとの違いはこのあと解説しますね!

\最安値で高通気性/

¥29,800 (2021/10/12 15:22時点 | Amazon調べ)

DXRacerフォーミュラ|3モデル比較と口コミ

フォーミュラシリーズ

DXRacerフォーミュラシリーズは、DXRacerの中でも1番スタンダードなシリーズです。

世界各国のeスポーツ大会で採用されていて、多くのプロゲーマーにも愛用されています。

フォーミュラの中でもモデルが3種類に分かれていますが、全てについている共通機能はこちらです。

共通機能

DXRacer_ヘッド・ランバーサポート
ヘッドレスト・
ランバーサポート
正しい姿勢を保ち

疲れにくくする
DXRacer_座面
座面高調整
155-175cmの

多くの人に合うサイズ感
DXRacer_ロッキング
15度のロッキング
リラックスしやすい
DXRacer_リクライニング
135°リクライニング
休憩しやすい

モデルごとに違う点は主に「価格」「素材」「アーム調節幅」などで、1番スタンダードなのは「DXZ」です。

フォーミラシリーズ3種の比較

スクロールできます
モデル\定番/
dxracer
DXZ

DXracer-DXR
DXR

DXracer-DX11
DX11
こんな人に
オススメ!
スタンダード
モデルがいい!
蒸れやすい
・安さ重視!
アーム調整に
こだわりたい!
価格帯39,800円29,800円39,800円
素材
(高級感)
PUレザーファブリック高撥水ファブリック&PUレザー
アーム
調節
上下上下上下・前後・回転
耐荷重90kg90kg100kg
カラー赤・青赤・黒赤・青
商品
リンク
>Amazonへ>Amazonへ>Amazonへ

1つずつ解説していきますね!

【定番の1番人気】DXZ

dxracer
こんな人に
オススメ!
スタンダードなモデルがいい!
価格帯39,800円
素材PUレザー
アーム調節上下
耐荷重90kg
カラー赤・青
商品
リンク
>Amazonへ

DXZはフォーミュラシリーズの中でも1番スタンダードなモデルです。

多くのゲーミングチェアでも使われているPUレザーが採用されていて、レーシングカーのような高級感があります。

私がもっているのもこのモデルです!

前半でも語りましたが、疲れにくく、3年使っても劣化が無いのでかなり気に入ってます。

dxracer

カラーは全部で2色です。

※私の使っている白は廃盤になりました

dxレーサー赤DXRacerライトブルー

DXZの口コミ

  • 6時間ゲームをしましたが、疲れませんでした
  • ゲームを長時間しているときの腰の痛みがなくなりました
  • 座り心地が良すぎてここで寝てしまう事も

長年愛されている基本モデルです!
迷ったらコレを選ぶのがオススメ!

\人気No.1の定番/

¥39,800 (2021/12/15 15:11時点 | Amazon調べ)

【安くて高通気性】DXR

DXracer-DXR
こんな人に
オススメ
蒸れが気になる!
安さ重視!
価格帯29,800円
素材ファブリック
アーム調節上下
耐荷重90kg
カラー赤・黒
商品リンク>Amazonへ

DXRはシリーズの中で1番低価格なモデルです!

他モデルは39,800円なのに対し、DXRは29,800円でなんと1万円も安く買えます・・・!

安さの理由は素材の違い。

DXRはファブリックという布製なので、先程のDXZと同等の機能性ながらも安さを実現できています。

DXR_ファブリック

ファブリックは高級感は少し落ちますが、通気性が良く蒸れにくいというメリットもあります。

レザーは通気性が悪い傾向があるので、汗をかきやすい人はファブリック製のDXRをオススメします!

色のバリエーションはちょっと少なめで、黒と赤の2色です。

DXracer-DXRDXR_red

口コミ

  • 夏で汗をかいても蒸れない。汗っかきの人にはおすすめ
    もちろん座り心地も満点
  • 座った瞬間に包み込まれる感じがして、思わず「いいわ〜」とつぶやいてしまいました
  • 安い、素材がいい、座り心地が良いという、良いことだらけ

DXRacerを2万円台で購入できるのはこのモデルだけ!
他の機能性はDXZと変わらないので、かなりお得です◎

\最安値で高通気性/

¥29,800 (2021/10/12 15:22時点 | Amazon調べ)

【アーム調節へのこだわり】DX11

DXracer-DX11
こんな人に
オススメ!
アーム調節にこだわりたい!
体重90kg以上
価格帯39,800円
素材高撥水ファブリック
&PUレザー
アーム調節上下・前後・回転
耐荷重100kg
カラー赤・青
商品リンク>Amazonへ

最後のDX11はこれまでの2つのハイブリッドのようなモデルです。

素材は撥水性の高いファブリックとPUレザーが併用されていて、通気性と高級感を兼ね備えています。

DXRacer-ハイグレード
凹凸の少なめなファブリック素材

また機能性も高く、他モデルには無い2つの特徴があります。

DX11ならではの機能性
  1. 3Dアームレスト
    • アームレストが上下だけではなく、前後・回転にも調整可能
  2. 耐荷重100kg
    • 体重100kgまでOK(他モデルは90kgまで)
DX11_アームレスト2
腕を支えやすい
3Dアーム
DX11_キャスター
100kgまで支えられる
強くて丈夫なキャスター

色は全部で3色です。

DXracer-DX11DX11_red

DX11の口コミ

  • 4万円で3Dアームレスト、リクライニングがついていて品質もいい
  • アームレスト調整やファブリックの質感、ローラーの転がり等細かな点含め大変満足しています

ファブリックとレザーを併用することで価格を抑えつつ、機能性も高い高コスパモデルです!

\アームの調整幅広め/

¥39,800 (2021/10/12 15:52時点 | Amazon調べ)

DXRacerとAKRacingの違い

DXRacerとよく比べられるのが、2大メーカーのもう1つであるAKRacingです。

そこで両メーカーのスタンダードシリーズをそれぞれ比較してみました!

違いをまとめるとこんな感じです。

DXRacerとAKRacingの違い(スタンダードモデル)

メーカー DXRacer
dxracer
AKRacing
AKRacing Nitro V2
モデルフォーミュラWolf (ファブリック)
Nitro V2
(レザー)
こんな人に
オススメ!
コスパ重視リクライニング
重視
価格帯DXRacerの方が安い
29,800~39,800円
40,000~44,000円
リクライ
ニング
135° AKRacingの方が
倒れる
180°
耐荷重90kg~100kg AKRacing
重くてもOK
150kg
アーム調整 アームにこだわるなら
DXRacer


DX11は左右・回転も可
上下のみ
座面高 DXRacerの方が
座面を調整できる

42-52
43-50

1.DXRacerの方が安い

AKRacingはファブリックは安くても40,000円ほどするため、価格はDXRacerの方が安いです。

モデルによりますが、最大1万円以上の差があるので、結構大きいですよね。

DXRacerは価格を抑えたい人にも人気です!

2.AKRacingの方が倒れる

DXRacerのリクライニング幅はちょっと低めの135°までです。

一方でAKRacingは180°フラットまで倒すことができるので、ちょっとした仮眠などにも使いやすくなっています。

リクライニングを倒して思いっきり休みたい人は、AKRacingの方がいいかもしれません!

ただしDXRacerもロッキングの15°と合わせると最大150°までは倒すことができます。

Dxracer_リクライニング
めぐリズムをつけて休憩中

私は疲れたら近くのベッドに行くので、リクライニングは使っていません。

150度でも疲れていたらすぐ寝れそうです・・・笑

3.AKRacingは100kg以上の人も使える

DXRacerは耐荷重90kg~100kgなのに対して、AKRacingはなんと150kgまで使えます

重い人でも安心して身体をあずけられますよね。

ただし座面高の調整はDXRacerの方が幅広くできるので、身長が高くて重い人は注意です。

どちらも身長は175cmくらいまでと考えておくのが安心です!

4.DXRacerの方が座面幅を調整できる

耐荷重はAKRacingの方が強いですが、座面高はDXRacerの方が数センチほど広く調整できます

DXRacer_座面高
床から座るところまでの高さが広く調整できる

DXRacerの最適身長が155-175cmなので、AKRacingの最適身長はそれより若干狭いと考えておきましょう。

5.アーム調節はDXRacer(DX11)の方が広い

AKRacingのスタンダードモデルはアームが上下調節しかできません

DXRacerフォーミュラは、DX11に限ってですが前後や回転も調節可能なので、アームを広く調整したい人にも対応できます。

dxracer_a
DX11は3Dで調節できる
(画像は廃盤の黒モデル)

アーム調節を重視する人はDXRacer DX11の1択です!

\アームの調整幅広め/

¥39,800 (2021/10/12 15:52時点 | Amazon調べ)

DXRacerの保証は1年間|サポートも丁寧

DXRacerは1年保証があります。

1年以内の場合は無料で部品を交換できて、1年を過ぎても部品の在庫があれば交換可能なので安心して利用できます。

実際に交換対応を受けた人も、「対応が丁寧で交換がもてた」という口コミがありました。

交換対応の口コミ

しばらくしたら高さ調整のガスが少しずつ抜けて、いつのまにか低くなり始めました。

メールしたところ、1年の保障期間が効いて代わりのガスシリンダーを届けてくれました
対応が丁寧でとても好感が持てました。

安くない買い物なので、保証やサポートがしっかりしているのは嬉しいポイントです!

DXRacerフォーミュラ|まとめと迷ったときの選び方

DXRacerフォーミュラは、本格的なゲーミングチェアにも関わらず、とてもコスパが良く人気のシリーズです。

  • 長時間座ったときの疲れを改善したい
  • 3万円~4万円ほどで本格的なゲーミングチェアを使いたい

という人にはとてもオススメできます!

迷った時はこちらの選び方を参考にしてください。

DXRacerフォーミュラの選び方
  • スタンダードなモデルがほしい!
    • 1番人気のDXZ ★迷ったらコレ
  • とにかく安さ重視!蒸れやすい
    • ファブリックのDXR
  • アームの位置にこだわりたい!
    • ハイブリッドなDX11

気になるチェアは >Amazonへ から商品の詳細ページをチェックしてみてくださいね!

スクロールできます
モデル\定番/
dxracer
DXZ

DXracer-DXR
DXR
DXracer-DX11
DX11
こんな人に
オススメ!
スタンダード
モデルがいい!
蒸れやすい
安さ重視!
アーム調整に
こだわりたい!
価格帯39,800円29,800円39,800円
素材
(高級感)
PUレザーファブリック高撥水ファブリック&PUレザー
アーム
調節
上下上下上下・前後・回転
耐荷重90kg90kg100kg
カラー白・赤・青赤・黒赤・黒・青
商品
リンク
>Amazonへ>Amazonへ>Amazonへ

私は実際にDXRacerフォーミュラを使って、身体が疲れにくくなりマッサージに行く回数が減りました

疲れを感じる人はぜひ違いを体感してみてください!

\人気No.1の定番/

¥39,800 (2021/12/15 15:11時点 | Amazon調べ)

\最安値で高通気性/

¥29,800 (2021/10/12 15:22時点 | Amazon調べ)

\アーム調節幅が広め/

¥39,800 (2021/10/12 15:52時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

効率化オタクのOLが生活を効率化するアイテム・ノウハウを発信。
10個以上のIoT家電が私の生活を助けてくれています。
〈興味〉スマート家電、資産運用、生活効率化。
〈経歴〉IT企業就職→広告営業→システム企画→週5テレワーク&ブログ運営。
〈プライベート〉新婚共働き。ヨガと脱出ゲームにはまり中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
上に戻る
タップできる目次
閉じる