ゲーミングチェアおすすめ20選と5つの選び方

【購入者が比較】光目覚まし時計4つの選び方と人気おすすめランキング5選

音だけでなく光を浴びて起きることができる光目覚まし時計は、生活リズムを整えるのにとっても便利です。

時刻に鳴ると徐々に明るくなり、小鳥のさえずりなどの自然な音で起こしてくれるので、気持ちよく朝を迎えることができます。

ただ、色々なメーカーから商品がでているため、なにを選べばいいか迷ってしまいますよね。

私は実際に光目覚まし時計を購入し、3ヶ月以上利用して機能や効果の違いを実感しました。

そんな購入者の視点から、光目覚まし時計の4つの選び方と、人気のおすすめ商品5つをランキング形式で紹介します。

スマホのアラームでいつもイライラしていた私が、光目覚ましを使い始めてから、朝起きるストレスが無くなりました!

スッキリ起きれて、その後の仕事も捗る!

タップできる目次

光目覚まし時計の選び方1:光の強さ

YABAE光目覚まし時計

光目覚まし時計の選び方として、やはり光の強さがあります。

ただ、個人的には一定以上の価格帯の光目覚まし時計であれば、本を読めるくらいの光量はあるので起きるのには十分でした。

「とにかく明るい光を浴びたい!」という方は、明るさに特化した商品を選ぶのをオススメします。

(後ほど紹介します)

光目覚まし時計の選び方2:価格帯

光目覚まし時計の価格帯はピンキリです。

安いものは3,999円、高いものは3万円ほどします。

機能と価格帯を比べて、自分に合ったものを選びましょう。

光目覚まし時計の選び方3:その他の機能

光目覚まし時計には、徐々に明るくなるアラーム機能以外にも、様々な機能がついていることあります。

利用者が多い機能はこちらです。

  • 快眠モード(徐々に暗くなる)
  • 照明モード(ランプとして使える)
  • カラーモード(インテリアとして使える)
  • 充電式(外出先で使える)

快眠モードとは、徐々に明るくなるのではなく、徐々に暗くなる機能で、スムーズに寝れる効果があります。

私はこのモードを使う予定はなかったのですが、試してみると眠りを誘う音楽と徐々に暗くなる光が心地よく、眠れない夜に使う事が増えました。

朝スッキリ起きるだけではなく、夜寝るときにも使いたい人は快眠モード

簡単な照明として使いたい人は、光を維持できる照明モード

インテリアとして使いたい人は、カラフルな光で癒やされるカラーモード

外出先で使いたい人は充電式機能を、それぞれチェックしておきましょう。

光目覚まし時計人気おすすめランキング5選

では、以上の3つのポイントをふまえて、オススメの商品5つを具体的に紹介します。

価格帯やレビューは2021年5月現在のAmazonを参考にしています。

光目覚まし時計おすすめ1位:YABAE(MY-09・MY-11)

yabae光目覚まし時計-my09

1位:YABAE(MY-09/MY-11)

価格帯3,999円
Amazonレビュー4,840件(★4.2)
光の強さ
快眠モード
照明モード
カラーモード
充電モード
2021年7月現在

YABAEはAmazonの検索でも上位を独占している人気メーカーです。

その中でもスタンダードなモデルがMY-09とMY-11で、私も愛用しています。

MY-11の方が最新型ですが、機能は殆ど変わりません。

3,999円と今回紹介する商品の中では一番安いにも関わらず高機能なので、初めて光目覚まし時計を利用する人にはオススメのモデルです。

白と木目調の2つのデザインがあるので、部屋の雰囲気に合わせて選びやすいのも利点です。

yabae-光目覚まし時計MY09M

光の強さは公開していませんが本を読めるほど明るいです。

実際に私は、音がなるアラーム時間になる前の光が徐々に明るくなる段階で目覚めることが多いです。

光目覚ましの光り方
明るくなる様子(動きます)
光目覚まし明るさ20
部屋の隅の明るさ

ただし充電式ではないため、常にコンセントを指している必要があります。

一応バックアップ用の電池がありますが、外出先で安心して使うには適していません。

YABAE目覚し時計のレビューはこちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

あわせて読みたい
【購入レビュー】YABAE光目覚まし時計で人生が変わった!機能と効果を徹底解説(MY-09) 光で起きれる「光目覚し時計」の人気が高まっています。 私はスマホのアラームをいくつも設定するくらい朝が苦手だったのですが、 光目覚まし時計を購入してから、ノン...

コスパが良く、まずは光目覚ましがどんなものか試してみたいという方にオススメの商品です。

光目覚まし時計おすすめ2位:inti4s

inti4s

2位:inti4s

価格帯29,916円
Amazonレビュー15件(★4.2)
光の強さ
快眠モード
照明モード
カラーモード
充電モード
2021年7月現在

inti4sは今回紹介する中で一番値段が高い商品で、なんと3万円近くします。

その代わり光は圧倒的に強く、朝日と同等である20,000ルクスの強い光を出すことができます。

その他の機能は殆どついていないので、「普通の光目覚ましじゃ満足できない!」「とにかく明るい光を浴びたい!」という方にオススメです。

朝日と同等の明るさにも関わらず、肌に害となる紫外線は殆ど出さない設計になっているのも嬉しいポイントですね。

Amazonレビューは少なめですが、最近テレビでも紹介されて人気が上がっている商品です。

光目覚まし時計おすすめ3位:フィリップス(PHILIPS)

PHILIPS光目覚まし時計

3位:フィリップス(PHILIPS)

価格帯15,980円
Amazonレビュー10,151件(★4.4)
光の強さ
快眠モード
照明モード
カラーモード
充電モード
2021年7月現在

PHILIPSは歯ブラシやシェーバーでも有名なメーカーなので、安心感がある商品です。

米国を中心に人気で、世界中から買われているので、レビュー数も多いですね。

ただ、販売元によってはプラグが日本に合わず、別途変換プラグを購入する必要があるので注意です。

見た目は1位のYABAEと似ていますが、フィリップスの方がサイズが数センチ大きくなっています。

デザイン賞も受賞していて、スタイリッシュなデザインなので、インテリアとしてもおしゃれです。

有名なメーカーで安心感を得たい人におすすめですね。

光目覚まし時計おすすめ4位:YABAE(MY-10)

yabae光目覚まし時計-my10

4位:YABAE(MY-10)

価格帯3,999円
Amazonレビュー1,318件(★4.3)
光の強さ
快眠モード
照明モード
カラーモード
充電モード
2021年7月現在

4位は1位で紹介したYABAEの別モデル、MY-10です。

円柱形となっていて、360度全方向へ光を照らすことができるのが特徴です。

ただ、1位のモデルと異なり快眠モードがなかったり、その他の細かい機能がなかったりします。

YABAEのモデル毎の違いはこちらの記事でも詳しく紹介しているので参考にしてください。

あわせて読みたい
【購入者が比較】YABAE光目覚し時計の種類と選び方/MY-09・MY-10・MY-11の違いは? 生活リズムを整えるのに便利な光目覚まし時計が、いま注目を浴びています。 中でも「YABAE」はAmazonでも常に検索上位で人気です。 ただ商品モデルが複数あるため、それ...

機能性よりも全方向へ照らすことを重視したい方におすすめの商品です。

光目覚まし時計おすすめ5位:UENO-mono

Ueno-mono
価格帯2,580円
Amazonレビュー274件(★3.8)
光の強さ
快眠モード
照明モード
カラーモード
充電モード
2021年7月現在

最後はUENO-monoです。

特徴は充電式モードがあるので、コードレスで使えることです。

2.5時間でフル充電され、最大64時間点灯することができるので、お泊りやキャンプでも使えますね。

YABAEのMY-10と同じく360度照光ですが、UENO-monoにはカラーモードがありません。

外出先で使いたい人はこちらを選びましょう。

光目覚まし時計おすすめ5選|まとめ

光目覚まし時計は、朝起きれない人には救世主のような商品です。

実際私も3ヶ月使って、もう普通の目覚し時計には戻れなくなってしまいました。

ストレスフリーで起きれるので、その後の作業や仕事効率も良くなります。

ぜひそれぞれの商品の特徴を理解して、気持ちの良い朝を迎えてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

効率化オタクのOLが生活を効率化するアイテム・ノウハウを発信。
10個以上のIoT家電が私の生活を助けてくれています。
〈興味〉スマート家電、資産運用、生活効率化。
〈経歴〉IT企業就職→広告営業→システム企画→週5テレワーク&ブログ運営。
〈プライベート〉新婚共働き。ヨガと脱出ゲームにはまり中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる