【レビュー】エルゴヒューマンフィットの特徴・他モデルとの違い・購入時の注意【小柄でも使えた】

【レビュー】エルゴヒューマンフィットの特徴・他モデルとの違い・購入時の注意点【小柄でも使えた】

エルゴヒューマンフィットは、シリーズの中でも日本人にフィットするサイズ感が特徴です。

 

実際に座ったところ小柄な身長でも座りやすい上に、基本モデルの「ベーシック」と同価格でそれ以上の機能性があることが分かりました。

ただし買える場所が限定されているため、気になっていても試せない人も多いと思います。

 

そこで本記事ではエルゴヒューマンフィットの特徴・座り心地・他モデルとの違い・購入時の注などをレビューします!

実際に158cmの私が座った様子も紹介するので、購入を検討している方は参考にしてください。

 


記事の作成者

  • エルゴヒューマン歴5年
  • エルゴヒューマン全種類を試座
  • オフィスチェア50脚以上を試座
  • 158cm(女性平均身長)
まほむらまほむら

 

エルゴヒューマンフィットの特徴

エルゴヒューマンFIT_正面

エルゴヒューマンフィットの特徴は大きく3つです。

  • 日本人の体型にフィットするモデル
  • 基本モデル「ベーシック」以上の高機能
  • 色は全部で8種類

では、1つずつ紹介していきます。

日本人の体型にフィットするモデル

まず、オフィスチェアは外国人や背の高い男性向けに作られていることが多いです。

私は専門店で50脚以上試座しましたが、座面やヘッドレストの高さが合わず断念することが多くありました。

 

そんな中でもエルゴヒューマンフィットは小柄な日本人向けに作られているモデルです。

Ergohuman Fitはシリーズの中でもミドルサイズに設計され、小柄な女性から平均成人男性まで、幅広く日本人の体型にフィットするサイズになっています。

公式ページより

 

実際に座ってみると、158cmの私でも自然に足を床に付けることができ、ヘッドレストの位置もピッタリでした。

深く腰掛けていてもかかとまで足がついているのが分かります。

エルゴヒューマンFITの試座

 

私は職場でベーシックを使っていましたが、正直フィットの方が自分の身体には合っていると感じました!

各パーツの高さや大きさがぴったりなので、まさに身体に”フィット”していて無駄が無い感覚です。

(もっと早く知りたかった・・・)

 

見た目としては、エルゴヒューマンの代名詞である独立ランバーサポートは残しつつも、スマートな作りになっています。

 

158cmでも問題なく座れるオフィスチェアはめずらしいです!
自宅に置いても馴染みやすいデザインですね!

基本モデル「ベーシック」以上の高機能

正直、10万円以下のオフィスチェアの中では一番高機能だと思います。

主な機能はこちらです。

腰を支える独立式ランバーサポート

エルゴヒューマンフィット_座面調整

ヘッドレスト 角度・高さ(6段階)・前後(3段階)

エルゴヒューマンフィット_ヘッドレスト

アームレスト高さ・角度・前後・左右調整

エルゴヒューマンフィット_アームレスト調整

バックレスト・ランバーサポート 高さ(3段階)

エルゴヒューマンフィット_

座面奥行き(4段階)・昇降調整

エルゴヒューマンフィット_座面奥行き

リクライニング調整(4段階+強弱)

エルゴヒューマンフィット_リクライニング調整

1つのレバーで座面昇降・奥行き・リクライニングを直感的に調節

座面調整レバー

内蔵型オットマン追加可

エルゴヒューマンフィット_オットマン内蔵

座面はメッシュ・クッションから選べる

エルゴヒューマン_座面の素材

ヘッドレスト取り外し可

エルゴヒューマンフィット_ヘッドレストなし

シリーズの基本モデルである「ベーシック」の機能は全て踏襲し、さらにベーシックには無いヘッドレストの前後調整や、オットマンのオプションも選べます。

いくつか代表的な機能を紹介しますね。

フレキシブルな独立式3Dランバーサポート

エルゴヒューマン_独立式ランバーサポート

やっぱりエルゴヒューマンの特徴は独立式ランバーサポート(腰当て)です。

大きなS字カーブで姿勢を正してくれて、身体に負担がかかりません。

 

高さ調節はもちろん、上下左右の角度も追随するようになっているので、自然に身体に合うように作られています。

エルゴヒューマン_ランバーサポートの角度

他のモデルよりは少し小さめな作りですが、小柄な私にはそれがちょうど良く感じました!

4Dアームレスト

エルゴヒューマンフィット_アームレスト

エルゴヒューマンフィットのアームレストは4D調節機能がついていて、高さ・角度・前後・左右を全て調節することができます。

さらに以前は内側に1段階しか調節できなかったところ、5段階調節が可能になりました。

 

例えば肘を置いて作業する際に、アームレストを大きく内側に倒すことで、腕とデスクの距離感が最適になったり、腕をアームレストに置きやすくなったりします。

アームレストの作業

 

3Dヘッドレスト

エルゴヒューマンフィット_ヘッドレスト_オレンジ

シリーズの中で唯一ヘッドレストの高さ・角度だけではなく、前後を調節できます。

高機能チェアだと高さと角度を変えられるものは多いですが、前後を調節できるものは実は少ないです

 

前後を調節できることで、PCモニターなどを見る作業中でも、頭を支えることが可能になっています。

ヘッドレストの高さ調整
ヘッドレストの前後調整
関連記事

在宅ワークが増えて、自宅用にオフィスチェアを購入する人が増えています。 ただ、ほとんどのオフィスチェアは外国人や男性向けに作られているため、女性や平均身長より低い男性には合わないことが多いです。 特に、頭を固定するヘッドレストは[…]

女性・低身長用のヘッドレスト付きオフィスチェアの選び方

 

アームレストに肘を置いて、ヘッドレストで頭を支えると、
肩への負担がかなり減るのでおすすめです!

色は全部で8種類

色のラインナップは全部で8種類から選べます。

メッシュ素材の違いによって、発色具合が異なりますが、基本的には座り心地重視の「エラストメリックメッシュ」から選ぶことをオススメします。

 

※クリックで拡大します

エラストメリックメッシュ(座り心地重視)

ブラック

グレー

ブルー

ホワイト

3Dメッシュ(発色重視)

ブラック

オレンジ

レッド

グリーン

 

メッシュの違いについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事

エルゴヒューマンってメッシュやクッションの素材を選ぶみたいだけど何がいいのか分からない! エルゴヒューマン利用者 座面や背中の素材を選べるよ! 実体験をもとに違いや選び方を紹介するね!   […]

【レビュー】エルゴヒューマンの座面やメッシュ素材の違いと選び方【クッション・3Dメッシュ...】

 

エルゴヒューマン他モデルとの違い

エルゴヒューマンフィット_デスク

では、エルゴヒューマンの他モデルとはどの様に違うのか、比較をしていきます。

エルゴヒューマンプロとフィットの違い

商品

エルゴヒューマンPROプロ

エルゴヒューマンFIT_正面

フィット

値段 98,780円 87,780円
座面高 46~55cm 45~54cm
オットマン あり or なし あり or なし
前傾チルト機能 あり なし
独立ランバーサポート あり あり
ヘッドレスト あり(高さ・角度調整) あり(高さ・角度・前後調整)
  • プロはゆったりサイズ感で高身長向け
  • プロの方が1万円高い
  • プロはフレームに高級感があり、前傾チルト機能もついている
  • フィットにはヘッドレスト前後調整機能がついている

 

まずプロの方が全体的にゆったりしていて、独立ランバーサポートも大きめです。

またプロは座面高やヘッドレストの位置が高いので、170cm以上の人にオススメです。

 

プロの方が1万円高い分、フレームに高級感があったり、前傾しやすいように前に傾く機能がついています。

 

ただ、ヘッドレストの前後調整はプロや他のモデルにはなく、フィットのみの機能です。

また、フィットにはオットマンを+1,300円でつけるので、オットマン付きでもプロより安いです。

 

身長170cm以上の人はプロを、それ以下の人はベーシックやフィットを選ぼう!

エルゴヒューマンベーシックとフィットの違い

商品 エルゴヒューマンベーシック

ベーシック

エルゴヒューマンFIT_正面

フィット

値段 87,780円 87,780円
座面高 46~55cm 45~54cm
オットマン なし あり or なし
前傾チルト機能 なし なし
独立ランバーサポート あり あり
ヘッドレスト あり(高さ・角度調整) あり(高さ・角度・前後調整)
  • ベーシックの方がゆったりサイズ感
  • 機能性はベーシックの方が若干低い
    • ヘッドレスト前後調整機能が無い 
    • オットマンをつけられない
  • 座面高がベーシックの方が少し高い

 

シリーズの基本モデルであるベーシックとフィットは価格が同じです。

見た目はプロと同じく、ベーシックの方がゆったりしたサイズ感ですね。

一般的にはフィットでも十分な大きさですが、余裕が欲しい人はプロやベーシックの方が良さそうです。

 

機能性は若干ベーシックの方が低く、ヘッドレストの前後調節がなかったり、オットマンが付けられなかったりします。

 

また座面高はベーシックの方が若干高いため、160cm以下の人はフィットの方がオススメです。

 

エルゴヒューマンエンジョイとフィットの違い

商品 エルゴヒューマンエンジョイ

エンジョイ

エルゴヒューマンFIT_正面

フィット

値段 71,280円 87,780円
座面高 46~55cm 45~54cm
オットマン なし あり or なし
前傾チルト機能 なし なし
独立ランバーサポート なし あり
アームレスト 4D調整 4D調整
ヘッドレスト あり(高さ・角度調整) あり(高さ・角度・前後調整)
  • エンジョイの方が1.6万円安い
  • エンジョイは機能が少なめ
    • 独立ランバーサポートが無い
    • オットマンが付けられない
    • ヘッドレスト前後調整機能が無い

 

エンジョイはシリーズのエントリーモデルで、フィットより価格が安い代わりに、機能がいくつか減っています。

一番の違いはエルゴヒューマンの醍醐味であるランバーサポートがバックシートと一体化していることです。

エルゴヒューマンエンジョイ

 

腰のサポートはあるものの、他のモデルと比べると少しサポート力が落ちてしまいます。

ただ、アームレストや座面の調整機能などはフィットと変わらないので、一般的な高機能オフィスチェアを少しでも安く欲しい!という方はエンジョイも検討してみてもいいかもしれません。

 

モデルごとの比較はこちらの記事でも詳しく紹介しているので、参考にしてください。
関連記事

エルゴヒューマンって種類が多くて違いが分からない! 何を選べばいいの? エルゴヒューマン 利用者 最適な身長やスペックがそれぞれ違うよ! 各モデルの違いと選び方を解説するね! エルゴヒューマンは高機能チェ[…]

エルゴヒューマンの各モデルの違いと選び方

エルゴヒューマンフィットの口コミ

エルゴヒューマンフィットは、販売している店が少ない割には、Twitterでも評判でした。

https://twitter.com/haru180820/status/1350282076352724993

高い買い物ではありますが、買って良かったという声が多いですね。

エルゴヒューマンフィット購入時の注意点

フィットはヘッドレストやランバーサポートなど、全体的なサイズ感は小柄な人向けになっていますが、

それにしては座面が高く、157cm以下の人は足のかかとが浮いてしまう可能性があります

 

そんな時は市販のフットレストを使うと、高さが調節でき、足の疲れも軽減できます。

フットレストを使った人の口コミ
リモートワークが続き、椅子に座って板張りの床に靴下で仕事をしていましたが、
思いのほか足に負荷がかかり、痛さに耐えかねてこちらの商品を購入してみました。

これが良い感じで、足に対する負荷をふんわり軽減してくれて重宝しています
家でのデスクワークには欠かせないですね。

Amazonレビューより

足が楽になるので、座面の高さをわざと上げて使うのもよさそうです。

エルゴヒューマンフィットの販売店

エルゴヒューマンフィット_リクライニング

エルゴヒューマンフィットは新しいモデルで、買えるお店がかなり少ないです。

 

特にオットマン付きはオフィスチェア専門店「WORKAHOLIC」の限定販売です。

リアル店舗では東京の浅草橋にあり、エルゴヒューマンの各モデルはもちろん、60脚以上のチェアを座り比べできます。

WORKAHOLICは、高機能オフィスチェアをメインに扱うセレクトショップです。国内外15ブランド60脚のチェアを座り比…

完全予約制で、私はなんと2ヶ月待ちました・・・!

でも待っただけあって、正しい椅子の座り方から選び方まで丁寧に教えてくれます。

 

WORKAHOLICは楽天やヤフーにも出店しています。

ページもとても分かりやすく、さすが専門店だなという感じがします。

 

オットマン無しモデルであれば、Amazonでも購入できます。

エルゴヒューマンフィットの保証期間

エルゴヒューマンのメーカー保証は最長5年間です。(2021年6月現在)

保証期間1年 外観・表面仕上げ(塗装及び樹脂部分の変色退色、レザー・クロス・キャスターの磨耗等)
保証期間2年 機構部・可動部(スライド機構・昇降機構等)などの故障
保証期間5年 強度・構造体に係わる破損

アフターサービス(エルゴヒューマン)

 

有名ブランドのオカムラやイトーキなどは最長3年間が多いので、地味に嬉しいポイントですね。

 

エルゴヒューマンフィットはこんな人にオススメ

 

最後に、エルゴヒューマンフィットはこんな人にオススメできます。

  • 160cm以下の人
  • 「プロ」や「ベーシック」よりスマートなデザインがいい人
  • オットマン付きがいいけど、「プロ」は高いと感じる人
  • PCを見ながらヘッドレストを使いたい人

 

160cm以下の人は通常モデルは合わないことが多いため、小柄モデルのフィットが断然オススメです!

 

160cm以上でも使えますが、175cm以上はヘッドレストの高さが合わない可能性があるので注意!

 

フィットは他のオフィスチェアとは異なり、小柄な人でも使えるモデルでした。

合うオフィスチェアがなかなか見つからない!という人はぜひ試してみてください。

関連記事

エルゴヒューマンは高機能オフィスチェアの中では低価格で、在宅ワーカーの中でもとても人気の商品です。 腰の大きなランバーサポートが特徴で、身体に負担を掛けずに自然に正しい姿勢を維持できます。   ただし、もし身長に[…]

【小柄注意】エルゴヒューマンの適正身長は?【モデル別に解説/プロ・ベーシック・フィット…】